育毛剤と発毛促進剤

最近はさまざまな育毛剤が売られています。育毛剤は、育毛剤と発毛促進剤とに大きく分けられますが、それぞれ効果が違いますから、自分の抜け毛のタイプに合わせて選ぶことが大切です。
育毛剤といわれるものは、脱毛を予防し、現在生えている髪の毛の成長を促す効果があるものをいうのですが、医薬部外品としてドラッグストアなどでも簡単に購入することができます。血行を促進し、新陳代謝を活発にして、栄養分を毛母細胞まで行き渡らせる効果があります。それ以外にも、フケ、痒みを抑えるなどの頭皮のトラブルにも効果があり、健康な頭皮を作るサポートとなってくれます。主に使用される成分には天然由来の成分や無添加のものも多く、安心して使うことができるものが多いといえます。
一方、発毛促進剤は、抜け毛を減少させ、毛母細胞を活性化し、脱毛してしまった毛穴から発毛を促す効果があるものをいいます。一般的に医薬品扱いとなり、医師の診断や処方箋が必要となります。使用される成分は、フィナステリドやミノキシジル、デュタステリドが知られています。血管拡張や血行促進、男性ホルモン抑制などの効果がありますが、用法や用量をきちんと守り、また、副作用などにも注意することが必要でしょう。
最近では、発毛促進剤を海外から薬 通販で購入し、気軽に利用する人も急増しているようです。

Copyright© 知って得する薄毛対策 All Rights Reserved.